地方で仕事をする

都会を離れて地方で生活をするような動きが徐々に進んでいます。
これは地方の過疎化を防ぐために、若い人の誘致が地方自治体では積極的に行われているからではないかと思われます。過疎化が進む地方では、若い人が定住することで税収も上がり、福祉なども充実させることが可能になってきますので、若い人の移住に積極的な自治体が増えています。実際に住居などは空き家を提供したり、インターネットが出来るようにといった若い人を対象にしたサービスが各地で進められています。

地方での生活に憧れる若者も多く、良いアイデアのように思いますが実際には難しい問題も多々あります。
それは住居があっても仕事がなければ定住は難しいといことです。そもそも若い人の仕事に困らないのであれば、過疎化にはなっていないのです。そこでインターネットを利用した仕事が出来る人や、農業を希望する人に自治体も対象を絞っているようです。インターネットで出来る仕事も増えてきました。フリーランスで働く人の多くがインターネットを頼りに仕事をしています。フリーエンジニアやデザイナーなどもほとんどの仕事はインターネットで完了することがあります。
もちろん、打ち合わせなどで顔を合わせなくてはいけないこともありますが、インターネットのテレビ会議などを活用する人も多くなっています。

地方だから、過疎地だから仕事がない、ということは年々なくなってきています。もちろん、対象になる仕事にはまだまだ限りがありますが、これからインターネットの普及などによって、より仕事の幅は広がりをみせることで変化してくるのではないかと思います。環境の良いところで子育てをしたいと考える世代などは、将来の目標として地方への定住も考え、仕事がないといった状況を作らないための方策も考えてみると道は開けるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *