案件の単価の価格

IT企業の競争は年々厳しくなっています。ITの知識が少ない企業などからの仕事は、ITの価値や内容、違いが分からない人が判断するときはどうしても表面で判断したり、価格で判断するからです。
価格で判断されてしまうと、低価格で提供できるところが有利になりますが、価格が低いということは利益も少ないということになりますから、出来れば高い価格の仕事をしたいと誰もが考えていると思います。
単価の高い仕事、生産性の高い仕事が利益を生むことは誰もが分かることです。ですが仕事を選んでいると仕事がないという状況にもなりかねません。このような状況は、経営者が望むところではありません。

どこの経営者であっても、それがフリーランスであっても、仕事がないという状況よりも単価が低くても仕事が続く方が安心なのです。ですが低単価の仕事ばかりでは、急速ではなくても少しづつ利益が減ることで経営が難しくなってくることも理解しています。

そこで常に必要とする人材は最低限の人材にしておき、必要にあわせて人材を増やすようにすることが必要になってきます。しかしそんなに簡単に人材を増やしたり減らしたりは出来ません。そこでフリーエンジニアを活用するところが増えてきているのです。フリーエンジニアといっても、定期的に仕事を依頼できる関係を作っておくと、お互いに持ちつもたれるの関係になってきます。この関係がフリーエンジニアにとっても仕事を依頼する側にとっても利益になります。

そして、このように企業などと繋がりが出来ていれば大きな仕事に関わることも出来ますから、企業にとってもフリーエンジニアにとっても大きな利益と経験、実績に繋がると思います。つまり、企業との信頼関係で仕事をキープすることが可能なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *